債務整理の種類について知る

債務整理の種類について知る

一言で債務整理といっても、借金や債務者の資産状況に応じて選ぶべき手段が変わってきます。どうにもこうにも返済は不可能だというのであれば自己破産を選ぶしかありませんし、債権者との交渉次第でどうにかなるのであれば、任意整理で解決できるかもしれません。まずは債務整理の基本について、ここで説明したいと思います。

 

 

●状況に応じた債務整理の方法を選ぶ

 

債務整理には、大きくわけて3つのやり方があります。

 

【自己破産】
まず、一般的にもよく知られているのが「自己破産と免責」です。これは破産し、借金が0になるという事。

 

裁判所に自己破産と免責が認められると、貸金業者など債権者からの借金の取立ては、一切できなくなります。ただ、持っている土地や建物などの財産は、全て債権者の手に渡ります。(※20万円未満の財産は処分されません。)

 

 

【個人再生】
自己破産に近いのが個人再生の適用です。個人再生は、借金の総額を圧縮して、3年〜5年で分割返済を行うという制度。債務総額が5分の1になり、条件を満たせば住宅を手放さずにいられます。

 

ただし、自己破産と同じく、保証人がいればそちらに債務が移ってしまうため注意が必要です。

 

 

【任意整理】
債権者と、返済の猶予や利息の減額などの和解交渉を行うことをいいます。完済可能な返済金にまで減額することを目的とするため、債務は通常無くなりませんが、うまくいけば財産も失わずに平和的に解決ができる方法です。

 

ちなみに、任意整理には裁判所を通して行う「調停」という手段を用いることもできます。

 

 

●まずは任意整理を視野に入れて法律事務所を探す

 

自己破産をすると、借金が0になる代わりに持ち家などの重要な財産を失うことになります。守るべき物がある人は、まず専門家に任意整理や個人再生が可能かどうかを確認したほうがいいです。まずは、債務整理専門の法律事務所に相談してみましょう。