多重債務の早期解決方法

多重債務の早期解決方法

多重債務で首が回らなくなった時、悩み抜いた末夜逃げを選ぶ人もいます。逃げ続けて時効を狙うつもりなのかもしれませんが、10年間逃げ続けなければ借金の時効は成立しません。そんなことをしなくても、大丈夫!債務整理の手段である「自己破産」や「個人再生」をすれば、借金の苦しみから早期に開放されるでしょう。

 

 

●自己破産ですべてが解決!?

 

首が回らない程の多重債務の状態であれば、自己破産をした方がいいかもしれません。裁判所で、自己破産と免責が決定すれば、あなたの借金はすべて0になります。(※税金等、免責されない債務もあります。)

 

 

ただ、自己破産と聞くと、後ろめたく非常にネガティブナイメージがあると思います。しかし、多重債務に苦しめられるよりも大分ましでしょう。私の知っている人で自己破産した人がいるのですが、その人は、借金の返済に追われることから開放されて、自己破産前よりも表情が明るくなりました。

 

 

自己破産の申し立ては、普通弁護士にお願いすることになります。まずは債務整理に詳しい法律事務所を探しましょう。

 

 

●自宅を手放さずに多重債務を解決する方法

 

個人再生手続きを行い適用された場合、借金を大幅(最大約5分の1)に減額することができます。持ち家を保有したまま返済を続けることができるため、家がある人には、この方法が一番いいかもしれません。

 

ただ、自己破産と比べて手続きが非常に複雑になるそうなので、法律事務所によっては個人再生を嫌がるところもあります。WEBサイトの「街角法律相談所」を利用すれば、個人再生手続きを請け負ってくれる法律事務所が見つかります。借金の状況に応じた債務整理の方法も提示してくれるため、ぜひコンテンツを活用して早期解決を目指しましょう。