過払い金が無い場合の解決法とは?

過払い金が無い場合の解決法とは?

消費者金融でお金を借りた場合、一時期なら過払い金があったため、その返ってきたお金で元金を充当して減額することができていました。しかし、これは過払い金が発生したからできた債務整理の方法です。あれから期間も経ちましたので、新たに法定内金利でお金を借りた人もいるでしょう。

 

では、過払い金が返ってこない場合、どのような解決法があるのでしょうか?

 

 

●過払い金が無い場合はどうするの?

 

まず、弁護士か司法書士に相談して、債務整理の計画を建てることが前提。自分だけでは、交渉はまず無理でしょう。

 

 

考えられる手段としては、まず任意整理だと思います。もし、差し押さえられるような財産が無ければ、消費者金融との話し合いで、毎月いくらなら返済できるか?などを弁護士に交渉してもらいます。将来に渡って支払う利息をカットできるケースもあるため、成功すれば返済がかなり楽になるでしょう。

 

 

消費者金融としては、取り立てることができない相手に自己破産されるより、少しずつでも返してくれたほうがありがたいため、任意整理が成立しやすいと考えられます。

 

 

●マイホームがある場合は個人再生を!

 

ローンの無いマイホームがある場合は、裁判所を通して差し押さえられる可能性があります。この場合は、個人再生手続きをしてくれる弁護士を探して、お願いするといいでしょう。

 

 

個人再生が認められれば、マイホームを残したまま債務を大幅に圧縮することができます。ただし、個人再生は手間と時間が掛かる手続きのため、進んで受任してくれる法律事務所を見つけなければなりません。