実は怖くない!?消費者金融の借金問題

実は怖くない!?消費者金融の借金問題

消費者金融の借金は、銀行よりも良心的だというお話を知人から聞いたことがあります。銀行は雨が降ったら傘を取り上げますが、消費者金融は困った時にお金を融通してくれるから助かる存在だ、とのこと。ただ、返せなくなった時に返済を放置するのは、利息の関係上やめたほうがいいそうです。

 

 

●銀行よりも良心的!?消費者金融からの借金

 

消費者金融から借金をしているというと、社会的にはどこかマイナスのイメージがあると思います。でも、消費者金融は無担保で保証人が要らないという好条件でお金を融資してくれるため、借り手にとっては銀行よりもかなり良心的。銀行は、住んでいる家でもローンが遅れたら容赦なく追い出しますからね。それに本当にお金に困った時には、融通してくれません。

 

 

【消費者金融は、今は取り立てが厳しくない!?】
昔は規制が甘かったせいか、取立てが厳しい時代もありました。ですが、今では昔のような取立てをすれば、行政によって罰せられてしまうため、業者は無理な取立てができません。過度に心配しなくてもいいのです。

 

 

ただ、借金の催促の電話が嫌な場合は、早めに弁護士や司法書士に依頼して、交渉の代理をお願いするのがいいでしょう。

 

 

●借金の放置は利息が膨らむからダメ!

 

借金には、法律で定められた時効があります。中には、この時効を狙って踏み倒そうとする人もいますが、時効を中断する方法はいくらでもあります。それに借金から逃げている間、財産を持つことだってできません。(※差し押さえられる可能性があるから。)

 

 

ですから返せない借金は、時効を狙って放置するよりも、弁護士や司法書士を雇って債務整理をしたほうが安全なのは絶対です。