アヴァンス法務事務所は車を処分せずに債務整理できるの?

債務整理で車を処分させない方法

債務整理と聞くと、自己破産をイメージする人は多いと思います。自己破産をすると、自分が保有する財産はすべて債権者への債務弁済に充てられてしまいますので、生活に必要な物しか手元に残りません。よって、自己破産をすると、資産価値のある車を持っている場合は処分されてしまうでしょう。

 

 

しかし、債務整理の手段によっては、車を残して借金を減額することも可能なようです。その内容をご覧ください。

 

 

任意整理で財産を残したまま借金を解決

 

地方に在住の方であれば、車を取られてしまうと、交通の便が悪いため、後々の生活にかなりの不便が生じてしまいます。地方では都心部のように地下鉄が通っているわけではないので、車は移動手段として絶対に無くてはならないのです。どうにか車を残したまま、債務整理ができないものでしょうか?方法を調べてみました。

 

 

【任意整理で車を残す】
債務整理は、必ずしも自己破産を選ぶ必要があるとは限りません。債権者との話し合い、つまり任意整理ができる状況であれば、必要な財産(車)を残したまま借金を解決できる可能性が高いです。

 

 

【自動車ローンを払いながら任意整理】
自動車ローンをまだ完済していない場合、ローン会社に対して任意整理を行わなければ、そのままローンの支払いを続けながら車を保有することができます。裁判所を通さない任意整理は、対象業者をこちらで選定できるので、自動車ローンだけ外して、債務整理を行えばOKです。

 

 

【ただし、高級車の場合は債権者が認めない場合も……】
ローン残債の無い高級車を保有している場合は、差し押さえの対象になる恐れがあります。支払いができない状況だといっているにも関わらず、高級車を保有しているのは債権者も許さないでしょう。

 

 

高級車は、資産価値が高いので売却して弁済することになると思います。また、複数台所有している場合も、余分な資産になるため、許してくれないかもしれません。状況によっては話し合いで残すこともできるかもしれませんが、高級車の場合、あまり期待しないほうがいいでしょう。

 

アヴァンス法務事務所