アヴァンス法務事務所は多重債務でも解決してくれるの?


アヴァンス法務事務所は多重債務でも解決してくれるの?

多重債務の解決は弁護士か?司法書士か?

いざ借金を法律の専門家に相談して解決する時、弁護士と司法書士、どちらにするか悩むと思います。司法書士は、代理権に限りがありますが、費用が安い。

 

 

弁護士は費用が高額になりますが、債務者の代理人になることができ、すべてを任せることができる。ここでは、多重債務の場合を想定して、弁護士と司法書士、どちらに依頼をした方がいいのかを調べてみました。

 

 

弁護士or司法書士、どっちがいい?

 

弁護士に委任すれば、すべてを任せられるので安心です。債権者との交渉、裁判官との面接での質問、必要な届け出など、すべて弁護士が代理人としてやってもらえます。

 

 

ただ、債務状況によっては任意整理で事足りることもあります。その場合は、司法書士にも代理権を発揮できるケースが多く、弁護士に依頼するより費用を安く抑えられるでしょう。弁護士or司法書士、ケースバイケースで選んだほうがいいということです。

 

 

【任意整理する場合】

 

裁判所を通さずに任意整理で解決できる場合は、認定司法書士でも弁護士と同じく代理人になれることが多いです。債権が1社につき140万円以下であれば、認定司法書士にも代理権が認められています。

 

また、認定司法書士は、簡易裁判所担当の事件までなら、代理権が認められているため、裁判上の代理人になることもできます。

 

 

【自己破産の場合】

 

弁護士と認定司法書士、多重債務の自己破産をするなら、どちらに依頼すればいいのか?自己破産を申請する際には、裁判所にて裁判官と面談を行います。その際に、弁護士を立てていれば、本人の代わりに質疑応答に答えてもらうことが可能です。

 

 

認定司法書士の場合、自己破産においては書類作成代理人でしかないため、付き添いは可能ですが、裁判官からの質問には本人が答えなければなりません。必要書類の提出等も自分で行います。ただ、すべての手続きにおいて、司法書士が付き添いでサポートをしてくれるので、弁護士を雇うのと、さほど変わらないというのが本当のところです。

 

 

そう考えると、費用を抑えられる認定司法書士がいいのかもしれません。ただ、個人事業主や法人の場合は別です。

 

 

【大規模な法人や個人事業主の場合】
ある程度事業規模が大きい会社の経営をやっている方が自己破産をする場合、従業員や取引業者への対応が大変です。そうなると、代理権に制限がある司法書士よりも、すべての代理人になれる弁護士の方が適しています。

 

 

できるだけ債務整理の費用は抑えたほうが、今後の生活再建のためになります。代理人になれるかどうかは、債務状況や置かれた環境によってケースバイケースですので、まずは司法書士に無料相談をしてみるといいでしょう。

 

アヴァンス法務事務所