アヴァンス法務事務所と法テラス何が違うの?


アヴァンス法務事務所と法テラス何が違うの?

法テラスについて調べてみた

法テラスと民間の司法書士事務所では何が違うのでしょうか?

 

 

国が全額出資して設けられた機関「法テラス」。そこでは、無料の法律相談と、弁護士・司法書士の紹介が行われています。業務内容を調べてみました。

 

 

法テラスとは?

 

法テラスは、法律に関する情報提供や弁護士・司法書士の紹介や費用の立て替えを行う国の機関です。経済的に、司法的手段を利用することができない人達の不平等性を改善するために、司法制度改革の一環として設立されました。法テラスで受けられる、債務整理に関するサポートは以下の通りです。

 

 

【無料法律相談】
これ結構誤解が多いんですが、法テラスの無料法律相談は、法制度の紹介や法的トラブルに応じた法律の運用などをアドバイスするだけです。弁護士や司法書士が依頼者に対して行う「相談」とは、別のものだといえます。

 

 

例えば―――。

 

 

「過払い金返還請求がしたい。どうすればいいですか?」
「債務整理に適した相談機関を紹介します。」

 

 

簡単に言えばこんな感じです。法的な解決策を提案するのではなく、法テラスに登録している弁護士や司法書士への橋渡しをしようとするものなので、営利目的ではない紹介ということになります。

 

 

【弁護士・司法書士事務所の紹介】
法テラスの目的は、あくまでも弁護士や司法書士への仲介ではありません。やはり国の機関なので、個人事務所を特別に仲介することは公平性を欠くためできないのでしょう。「あなたの住む地域には、こういった法律事務所・法務事務所がありますよ。」という感じでの紹介になると思います。

 

 

【立替金制度】
経済的な理由で、弁護士や司法書士を雇うお金が無い場合、法テラスで費用の立替金制度を利用することができます。この制度は、依頼を受任した弁護士や司法書士に法テラスがお金を支払い、後に分割で返済していくしくみです。

 

 

立替金制度を利用した場合、弁護士や司法書士に直接支払うお金は発生しないので、その点は悪徳な事務所に騙されないよう注意したほうがいいでしょう。

 

 

債務整理費用が無ければ法テラスを利用しましょう

 

上記でも書きました通り、法テラスには立替金制度というものがあります。この制度を利用すれば、司法書士や弁護士費用をあらかじめ立て替えてもらうことができるため、大変助かります。

 

 

債務整理には、通常着手金という初期費用が掛かりますので、その費用を貸してもらえたら、債務整理の依頼がしやすくなると思います。

 

 

【アヴァンス法務事務所は着手金が0円】

 

法テラスを利用してお金を借りるのもいいですが、それをしなくても初期費用を掛けずに債務整理ができます。

 

 

依頼時に前金で支払う着手金、これが専門家に依頼するハードルのひとつだと思います。着手金がどのくらい掛かるのかというと、過払い金返還請求の場合で、1社に付き4〜5万円が相場です。1社に付きだから5社あれば高くて約30万円です。

 

 

このお金を用意するのが難しくて、債務整理を断念する人が実に多いのです。アヴァンス法務事務所では、この着手金が掛かりませんので、初期費用無しで依頼ができます。

 

アヴァンス法務事務所