アヴァンス法務事務所は家族に内緒で任意整理が出来るの?

債務整理をすると家族にばれる?

「借金をしていることを家族に知られたくない……。」そのような人こそ、司法制度を利用すべきです。

 

 

弁護士・司法書士を雇った場合、債務整理をしていることが家族にばれるのでしょうか?大事になるような気がして司法制度の利用を躊躇する人がいますが、実際のところどうなのでしょう。

 

 

債務整理で債務者自身のプライバシーはどうなる?

 

債務整理を弁護士や司法書士に依頼したことで、家族に借金がばれるようなことはありません。債権者から送られてくる書類等は全部、弁護士・司法書士の事務所宛てになるため、むしろプロを雇った方が痕跡が残らないためばれにくいのです。もちろん、受任した事務所には守秘義務がありますので、家族にばれないよう配慮する義務があります。

 

 

事務所との連絡は、家族に聞かれない様こっそりやらないといけませんが……。

 

 

【ただし、注意点も】
司法書士や弁護士の受任通知には一定の法的拘束力がありますが、それは消費者金融や債権回収会社等からの催促や取り立てがこなくなるだけです。取引業者への掛け金や社員の給与滞納の場合は、受任通知に法的な拘束力は無いので、担当の司法書士に相談しておきましょう。まあ、事業主の場合に限りますけどね。

 

 

アヴァンス法務事務所なら、債務整理の進捗状況確認もWEBでできる

 

債務整理の進捗状況を確かめるために、いちいち事務所に連絡するのは抵抗を感じる人も多いと思います。事務所に電話している最中、家族にばれる可能性だってありますからね。

 

 

アヴァンス法務事務所では、そうならないよう、依頼の進捗状況が一目で分かるWEBページを設置しています。顧客専用IDとパスワードを入力することで、スマホからでもログインして進捗状況の確認が可能。家族に内緒にしたまま、債務整理の完了までを見届けることができます。

 

 

注意したいのは代理権の範囲

 

アヴァンス法務事務所は司法書士の事務所ですので、代理人になれる権限には限りがあります。認定司法書士の場合、代理権は簡易裁判所取り扱い案件までです。

 

 

すなわち、それ以上の案件になると、書類作成代行しかできなくなりますので、交渉ごとや裁判所への届け出は自分でやる必要が出てきます。付き添いやサポートはしっかりやってもらえるのですが、基本的には自分でやることに。

 

 

そうなると、家族の理解が必要不可欠となる可能性がでてきます。司法書士事務所の債務診断の際に、納得がいくまで担当者と話をして、依頼できるかどうかをしっかり判断しましょう。

 

アヴァンス法務事務所