アヴァンス法務事務所で任意整理をするとどれくらい借金が減額するの?

任意整理でどのくらいの借金が減らせる?

債務整理の中でも、任意整理は、債権者と交渉の必要があるため、少々難しいです。当然自分でやるのは困難になるため、弁護士か司法書士を雇うことになるでしょう。では、任意整理をプロに任せると、どの位の借金が減額されるのでしょう?

 

 

そもそも任意整理をやるメリットは?自己破産ではダメなの?

 

任意整理では、債権者に債務の減額をお願いする共に、月々の支払いを返済可能額まで抑えることを目的とします。成功すると、毎月の返済がかなり楽になるという。

 

 

【任意整理のメリット】
金融機関からの借金を任意整理すると、ブラックリスト入りしてしまうため、今後5年間新たな借入れができなくなります。債務減額率は、自己破産や個人再生と比べて低いです。

 

 

では、なぜ自己破産や個人再生では無く、任意整理を選ぶのでしょうか?

 

 

それは、財産や事業を残したまま借金の整理ができるからです。自己破産をしてしまうと、それらすべての物が破産管財人の管理の元債権者の手に渡ります。何も残らないんです。

 

 

では、個人再生はどうかというと、裁判費用と弁護士・司法書士費用が高額になります。手続きにも時間が掛かるでしょう。

 

 

任意整理は、債権者との和解が成立すれば、すぐに事が運びます。つまり、”安くて速い”が任意整理のメリットだといえるのです。

 

 

任意整理が成功した時の一般的な減額率は?

 

任意整理の減額率は、どんな業種からの債権なのかによります。

 

 

例えば、飲食店店主が、酒屋のツケ、家賃、食材費等のツケ支払いを溜めてしまい、任意整理をする場合。この場合だと、正直事業を継続したままの減額は難しく、分割できないかどうか?さらに、毎月の支払金を少なくできないかどうかの話し合いになると思われ、債権元本自体の減額交渉は難しいと思います。

 

 

ただし、倒産するのであれば、債権者は少しでもお金を回収しようとする気持ちが働くので、借金の減額交渉に応じるかもしれません。依頼した代理人の腕前によりますね。

 

 

【過払い金返還請求の場合、借金が0になることも】

 

一番債務者にとって得な任意整理がコレ!過払い金返還請求です。

 

 

返済期間が長ければ長いほど、元金に割り当てられます。結局、支払いどころかお金が返ってくるケースが多いという。もし、長期10年以上で消費者金融やクレジットカードなどの返済を続けている人は、過払い金の発生を調べたほうがいいでしょう。

 

アヴァンス法務事務所