アヴァンス法務事務所で債務整理すると信用情報は親や子供に影響するの?

親が破産したら配偶者や子供に影響はある?

両親のどちらかが、債務整理でやむなく自己破産した場合、配偶者や身内にはどのような影響があるのでしょうか?家族も働いて収入を得ているのであれば、財産を差し押さえられる可能性はあるのでしょうか?

 

 

これらの疑問の答えを調べましたので、参考にしてください。

 

 

法律では、財産関係は個人主義

 

身内が債務整理をした場合の、家族への影響について考えてみましょう。

 

 

日本の法律では、財産は個人それぞれの物として定められています。よって、家族の誰かが仮に破産した場合でも、配偶者や子供には債務引き受ける義務はないのです。

 

 

ただし、ひとつ注意点があります。それは、家族の誰かが保証人になっているケースです。

 

 

保証人の基礎知識

 

保証人とは何かをまず説明したいと思います。債務整理をする時に、家族があなたの保証人になっていると少々やっかいです。

 

 

【保証人とは】
簡単にいうと、借金の返済を保証する人のことです。

 

 

主債務者(お金を借りた人)が、借金を返せなくなった時に、保証人は、主債務者の代わりに返済の義務を負います。お金にまつわるドラマなんかでは、この保証人や連帯保証人という言葉がよく出てきますね。

 

 

では連帯保証人とは何か?保証人との違いを説明したいと思います。

 

 

【保証人と連帯保証人との違い】
保証人は、主債務者に返済能力があれば、返済を拒否することができる立場です。

 

 

「あの人は、お金があるのに貸金業者に返さない。だから私のところに取り立てに来ている。」

 

 

こんな状況になった時に、単なる保証人だけの立場であれば、主債務者の代わりに返済しなくてもいいということになります。

 

 

「あいつの財産から差し押さえろよ!」ということができるのです。

 

 

しかし、連帯保証人になっている場合は、話が変わります。

 

 

連帯保証人には、主債務者の返済能力の有無にかかわらず、代わりに返済する義務が生じます。債権者にとって主債務者と連帯保証人、どちらから取り立ててもいいということになるのです。

 

 

「連帯保証人にはなるな……」よく聞く言葉ですね。

 

 

家族内で保証人がいる場合の債務整理

 

このようなケースでは、弁護士や司法書士などの債務整理のプロと家族を交えた話し合いが必須です。そういったシビアな相談が、無料で何度でもできる司法書士事務所があります。着手金も0なので、費用を抑えて債務整理ができますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

アヴァンス法務事務所